ひろた内科クリニック

リウマチナビの筆者『廣田浩一 医師』が院長を務める「ひろた内科クリニック」をご紹介いたします。

院長紹介

ひろた内科クリニック 院長/リウマチ専門医
廣田 浩一

“リウマチの治療”それはあなたが笑顔を取り戻し、人生を楽しむための手段です。そのためには病気を知り、治療を知り、生活の中でいかにリウマチと付き合うかを知る。そして、何といっても信頼できる医師をみつけ、治療を信頼し継続することが必要です。人生を楽しみながら病気と上手に付き合う方法を一緒に探していきましょう。

略歴
  • 聖マリアンナ医科大学卒業
資格・役職
  • 聖マリアンナ医科大学内科学講師(非常勤)
  • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本アレルギー学会認定専門医
  • 日本リウマチ財団認定リウマチ登録医
  • 田園都市リウマチフォーラム代表世話人
  • 横浜リウマチ膠原病研究会代表世話人(副)

院長あいさつ

リウマチといえば整形外科で診ることが多かったのですが、最近は内科的治療が中心になっています。 内科的治療は、入院ではなく外来が基本となりますが、高い専門性をもつ大きな病院でしか治療が受けられないケースが多いのが現実です。そこで当院は、遠くの大病院ではなく専門知識・技術をもった開業医で治療が提供できれば患者さまに喜んでいただけるのではないかと考え、リウマチ専門外来を行っております。

当院は平成19年5月、幅広い年代に人気の街・たまプラーザに開院しました。昔から完治するのは難しいと言われてきた「関節リウマチ」「膠原病」「アレルギー疾患」を専門とする内科で、大病院とほとんど同じレベルの専門的な診察・治療を行っております。

リウマチ性疾患の分野は、近年急速に治療方法が進歩したため、治療にあたるには高い専門性と経験が必要です。私たちは勉強会や研究会の主催、学会活動、多施設共同研究、治験への参加など常に研鑽を積み、高い医療レベルを維持し、最新の医療を提供できるよう努力し続けています。

リウマチにかかるのは高齢者と思われがちですが、年齢に関係なく若い方にも発症します。単なる関節痛と軽く考えていると不自由が残ってしまうこともあります。悪くなる前に、ぜひ専門医をご受診ください。

受診のご案内

リウマチ膠原病の外来時間は完全予約制となります。それ以外の時間帯は、予約なしでも受診できますが、1時間以上お待ちいただくこともあります。ご来院日時が決まりましたら、事前にお電話をいただくことをおすすめします。

電話番号

診療時間

診療時間 9:00~12:30、16:30~18:30
△:土曜日午後は14:00~17:00
━:水曜午後、土曜午後、日曜・祝日は休診
※受付時間は、診療終了時刻の15分前までとなります。
※:リウマチ膠原病の外来時間 14:30~16:30(完全予約制)

【担当医師】木曜日は終日鈴木医師が担当いたします。鈴木医師は、聖マリアンナ医科大学リウマチ膠原病アレルギー内科講師であり、医局長でリウマチ膠原病領域と内科領域の専門医です。木曜日以外は、廣田院長の診察です。

来院時のお持ち物

初診の方は、必ず保険証をご持参ください。お忘れの場合は全額自己負担となります。すでに他院にて診察を受けられている方は、診察内容がわかるもの(下記、任意の持ち物参照)をお持ちいただくとスムーズに診察できます。

必須の持ち物
・保険証

任意の持ち物
・紹介状
・お薬手帳や検査結果のコピー
・相談内容をあらかじめ紙にまとめたもの

アクセス

最寄り駅が「たまプラーザ駅」のため、公共交通機関でもお車でもアクセスが便利です。横浜市青葉区をはじめ、都筑区、緑区、港北区、川崎市宮前区、大和市などからもご来院いただいております。

「たまプラーザ駅」からバスでご来院される方
「たまプラーザ駅」バスターミナルにてご乗車ください。

乗車するバス停:3、4、6番の乗り場
「団地前」に停車するバスにお乗りください。(た41、た31、た51、柿01、た71)

降車するバス停:「団地前」でお降りください。
たまプラーザ駅を出て次のバス停です。バスの中で「ひろた内科クリニック前」とアナウンスが流れます。

お車の方
駐車場4台完備(敷地内2台、敷地外2台)、コインパーキングも近隣に有ります。

地図

拡大地図を表示

医院概要

法人名:医療法人社団一期一会

医院名:ひろた内科クリニック

院長:廣田 浩一

所在地:〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目23-1

電話番号:045-905-2401

診療分野:
リウマチ・膠原病、内科、アレルギー科、呼吸器内科
関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・混合性結合組織病・皮膚筋炎・多発性筋炎・強皮症・ベーチェット病・シェーグレン症候群・血管炎症候群・痛風・変形性関節症・原因のわからない関節痛、発熱等
生物学的治療(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア、ケブザラ)可能