横浜・川崎 リウマチ、関節リウマチ、膠原病、リウマチと妊娠でお悩みの方、リウマチ専門医へ

TOP
診断
リウマチを疑ったら
何科を受診すべきか
早期診断の難しさ
リウマチ科診療の流れ

知識
関節リウマチとは
よくある質問

治療
初期治療の大切さ
治療方法について
クリニックのご案内
リウマチ患者様の経験
リウマチ専門医とは
医療費控除・福祉制度

生活
関節リウマチと妊娠
リハビリテーション
生活上の心がけ
治療成功への 5カ条
QR・モバイルサイト

リウマチと生きよう。関節リウマチと妊娠

関節リウマチ治療成功への 5カ条

第1条 相談はリウマチ専門医へ
専門外の医師の立場からすると、関節リウマチや膠原病などの免疫疾患は、
「なるべく手を出したくない」疾患だそうです。
つまり、専門性と経験が非常に重要な分野でよくわからないのです。

また、今この分野の治療はまさに日進月歩。
昔の治療法がどんどん見直され、考え方も変化しています。

日々、このような動向に注目し、情報を集めている専門医を選び、
早期に受診することが治療成功への近道です。

第2条 副作用を怖がりすぎない
最近の医療は治療前にそのメリットとデメリットを説明した上で行うのが常識です。
特に抗リウマチ薬や生物学的製剤などは副作用もあり、注意が必要です。

ところが、この副作用の話に非常に過敏になり、内服を勝手に中止にしたり、
なかなか治療に同意していただけない方がいます。

この結果、医師が綿密に治療計画を練っていたのに無に帰してしまったり、
せっかくの貴重な治療時期を逃したりしてしまいます。
これでは治療効果は得られません。

第3条 通院先を頻繁に変えない
通院先を頻繁に変えることを「ドクターショッピング」といいます。

抗リウマチ薬の多くは効果が出るまでに2〜3か月近くかかるので、この間に不安に感じたりするのか、
関節リウマチの患者様の中にはこのドクターショッピングをされる方が少なからずいらっしゃいます。

しかし、これをされるとその間は治療がまったく進みません。
その結果、早期診断し早期治療を行うほど寛解導入の可能性が高まるのに、
みすみす貴重な時期を逃してしまうことになりかねません。

専門医に通院し始めたらじっくり腰を据えて病気に向き合い治療を臨むことが治療成功には必要です。

第4条 勝手に自己判断しない
治療が順調に進むと、症状は改善し、うまくいくとほとんど自覚症状がなくなり、
検査データも正常化する、いわゆる「寛解」状態になります。

この寛解が関節リウマチ治療の目標なのでとてもいいのですが、
中には「治った」と自己判断して通院や内服をやめたり、勝手に減量したりする方がいます。

関節リウマチはいったん寛解してもその後再燃するケースも多く、
内服を止めてしまったがために再燃し、かえって以前より病気の勢いが増してしまう場合もあります。

自己判断は危険なのでやめるべきです。

第5条 民間療法に手を出さない
科学的根拠の乏しい民間療法は、
真剣に関節リウマチを克服しようとするなら手を出さないほうが賢明です。

値段が高く、経済的損失も甚大ですが、もっと大きなのは時間的損失です。
これらに手を出している間に関節リウマチはどんどん進行し、
発症直後の早期治療にあてるべき貴重な時期を逃してしまう。

これほど大きな損失はありませんし、取り返しがつきません。

このページのTOPへ
リウマチ・ナビ
◆診断|リウマチを疑ったら

◆治療|初期治療の大切さ

◆知識|関節リウマチとは

◆生活|関節リウマチと妊娠


医療法人社団一期一会 ひろた内科クリニック リウマチ専門医
【TEL】 045-905-2401
【住所】〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-23-1
【診療時間】9:00〜12:30/16:30〜18:30(土曜は17:00迄)
        リウマチ膠原病外来 14:30〜16:30(完全予約制)
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

横浜市青葉区たまプラーザ駅のひろた内科クリニック。リウマチ専門医、膠原病の専門医として責任を持った治療を行います。リウマチ、関節リウマチ、膠原病、リウマチと妊娠など、些細なこともお気軽にご相談下さい。

COPYRIGHT(C)2008 関節リウマチ・リウマチ・専門医の事ならリウマチナビ ALL RIGHTS RESERVED.