横浜・川崎 リウマチ、関節リウマチ、膠原病、リウマチと妊娠でお悩みの方、リウマチ専門医へ

TOP
診断
リウマチを疑ったら
何科を受診すべきか
早期診断の難しさ
リウマチ科診療の流れ

知識
関節リウマチとは
よくある質問

治療
初期治療の大切さ
治療方法について
クリニックのご案内
リウマチ患者様の経験
リウマチ専門医とは
医療費控除・福祉制度

生活
関節リウマチと妊娠
リハビリテーション
生活上の心がけ
治療成功への 5カ条
QR・モバイルサイト

リウマチを治そう。初期治療の大切さ

リウマチ専門医 ひろた内科クリニックのご案内

診療分野

リウマチ・膠原病、内科、アレルギー科、呼吸器内科
関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・混合性結合組織病・皮膚筋炎・多発性筋炎・強皮症・ベーチェット病・シェーグレン症候群・血管炎症候群・痛風・変形性関節症・原因のわからない関節痛、発熱 等
生物学的治療(レミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア)可能


医師 廣田 浩一院長

【最終学歴】
聖マリアンナ医科大学卒業 

【資格・役職】
・聖マリアンナ医科大学内科学講師(非常勤)
・日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本アレルギー学会認定専門医
・日本リウマチ財団認定リウマチ登録医
・田園都市リウマチフォーラム代表世話人
・横浜リウマチ膠原病研究会代表世話人(副) など

医師 廣田 浩一院長

クリニック概要

所在地 〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目23-1
最寄駅 東急田園都市線「たまプラーザ駅」より徒歩8分
電話番号 045-905-2401
駐車場 4台完備(敷地内2台、敷地外2台)・近隣コインパーキング有

診療時間
●一般外来
9:00〜12:30、16:30〜18:30
・水曜日午後は休診 ・土曜日午後は14:00〜17:00

●リウマチ膠原病外来(完全予約制)
【月・火・木・金】14:30〜16:30
※休診日: 日曜日・祝日


交通案内

最寄りが、たまプラーザ駅の当院は、公共交通機関でもお車でもアクセスが便利です。
横浜市青葉区、都筑区、緑区、港北区や、川崎市宮前区、それから大和市などから
ご来院されています。

地図 Google Mapで確認>>

アクセス方法
●車
駐車場4台完備(敷地内2台、敷地外2台)・近隣コインパーキング有

●たまプラーザ駅からバスでご来院される方
たまプラーザ駅バスターミナルにて乗車ください。

・乗車バス停:3、4、6乗り場
 団地前に停車するバスにお乗りください。  (た41、た31、た51、柿01、た71)

・降車バス停:団地前で降りてください。
 たまプラーザ駅を出て次のバス停です。
 バスの中で「ひろた内科クリニック前」とアナウンスが流れます。

●たまプラーザ駅から歩いてご来院される方

順路1

1、たまプラーザ駅改札を出て北口へ進んで下さい。

サンプル画像

順路2

2、東急百貨店を目の前にして、右折します。

サンプル画像

順路3

3、たまプラーザ駅前交差点を、左折し直進してください。

サンプル画像

順路4

4、美しが丘公園を通りすぎ、
  「たまプラーザ団地前」の交差点まで直進します。

サンプル画像

順路5

5、「たまプラーザ団地前」の交差点を左折し
  30m程直進しますと当院が見えます。

サンプル画像

ひろた内科クリニックについて

リウマチといえば整形外科で診る事が多かったのですが、最近は内科的治療が中心になっています。多くの患者様は入院ではなく、外来が基本で、高い専門性をもつ大きな病院でしか治療できないというケースが多いです。
遠くの大病院ではなく、専門知識・技術をもった開業医で診ることができれば患者さんに喜んでいただけると考え、当院でリウマチ専門外来を行っております。

当院は、平成19年5月、幅広い年代に人気な街・たまプラーザに開院しました。
昔から完治するのは難しいと言われてきた「関節リウマチ」「膠原病」「アレルギー疾患」を専門とする内科で、大病院とほとんど同じレベルの専門的な診察・治療を行っております。
リウマチ性疾患の分野は、近年急速に治療方法が進歩し高い専門性と経験が必要となっています。私たちは勉強会や研究会の主催、学会活動、多施設共同研究、治験への参加など常に研鑽を積み、高い医療レベルを維持し最新の医療を提供できるよう努力し続けています。

リウマチにかかるのは高齢者と思われがちですが、年齢に関係なく辛い病気です。単なる関節痛と軽く考えていると不自由が残ってしまう場合もあります。
悪くなる前にぜひ専門医に診せてほしいです。

詳細はこちら(ひろた内科クリニックホームページ)>>
街の頼れるお医者さん「ドクターズファイル」の取材を受けました。>>


アンカー
リウマチ専門医とは?

関節リウマチや膠原病のエキスパート。それが「リウマチ専門医」です。
内科、小児科もしくは整形外科の認定医資格を有し、かつ一定期間のリウマチ教育施設での研修歴と研究歴があり所定のリウマチ診療歴を有する医師が、資格認定試験に合格して初めて得られる資格。
リウマチの専門家かどうかの一つの指標です。
リウマチは早期診断が難しく、でもとても大事。早期診断・早期治療がリウマチ克服のキーポイント。
リウマチ専門医にできることはまさにそこにあります。
リウマチ専門医は、日本リウマチ学会が認定する資格です。

日本リウマチ学会はこちら>>


リウマチ専門医による早期診断の大切さ

関節リウマチの初期症状には、関節の痛みや炎症、軽い貧血、血液の異常などが起こります。しかし、これらの症状は他の病気でもみられる為、早期発見を行うことのが、非常に難しい病気です。

早期発見が遅れる1つ理由として、決定的な検査がなく、経過、症状、所見、そして血液検査などを総合的に判断して診断していることがあります。
診断基準はありますが、「医師の経験が頼り」となっており、いかに早期に経験豊富なリウマチ専門医の診察を受けるかが重要ということになります。

関節リウマチは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて、関節の機能が損なわて、放っておくと関節が変形する病気です。関節の腫れ、激しい痛みを伴います。
最近の研究では、関節破壊は、関節リウマチの発症後、早期から進行すことが明らかになっています。

しかし、早期に発見して、早期から適切な治療を行えば、症状をコントロールし、関節破壊が進行するのを防ぐことが可能です。
一人で悩まず、「関節リウマチでないか?」と思ったら、お気軽にリウマチ専門医へご相談下さい。


気軽に医療機関を受診しましょう。

医師は、地域のために存在し、その患者さんの人生をよりよい方向へサポートする役割だと思っています。
患者さんと多くの会話を交わし、お仕事のこと、ご家族のこと、悩みや生活の様子をつかみたい。そういう言いにくい事を、安心して話せる医師でありたいと思っています。
病んでいないときでも検診にきてください。
人生を楽しみながら、病気とのうまい付き合い方を一緒にマネージメントしましょう。
予約なしでも大丈夫です(ただしお待たせすることもあるかもしれませんが(笑))。
リウマチ科診療の流れはこちら>>


リンク集

聖マリアンナ医科大学リウマチ・膠原病・アレルギー内科
日本リウマチ学会
日本内科学会
日本アレルギー学会
日本リウマチ財団リウマチ情報センター


お役立ち情報

リウマチ・アレルギー対策(厚生労働省ホームページ)
リウマチ・アレルギー情報センター


このページのTOPへ
リウマチ・ナビ
◆診断|リウマチを疑ったら

◆治療|初期治療の大切さ

◆知識|関節リウマチとは

◆生活|関節リウマチと妊娠


医療法人社団一期一会 ひろた内科クリニック リウマチ専門医
【TEL】 045-905-2401
【住所】〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-23-1
【診療時間】9:00〜12:30/16:30〜18:30(土曜は17:00迄)
        リウマチ膠原病外来 14:30〜16:30(完全予約制)
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

横浜市青葉区たまプラーザ駅のひろた内科クリニック。リウマチ専門医、膠原病の専門医として責任を持った治療を行います。リウマチ、関節リウマチ、膠原病、リウマチと妊娠など、些細なこともお気軽にご相談下さい。

COPYRIGHT(C)2008 関節リウマチ・リウマチ・専門医の事ならリウマチナビ ALL RIGHTS RESERVED.